冬の定番ホットコーヒー

自宅に居てもパッと入れられるコーヒー飲料です。まずは粉々にしたコーヒーの豆をペーパーフィルターに入れ、煮立つ寸前のお湯をコーヒーの豆にちょっとだけ注ぎます。ほんのちょっと蒸らしたらその次はコップ1杯分くらいお湯を注ぎ掛けてみるといいです。ペーパーフィルターの下にカップを置き、コーヒーを受け取ってみるといいです。
コーヒーと言う飲み物を入れる機械をコーヒーメーカーと言います。メーカーとは英語で言うとmakerになります。英単語通りコーヒーを抽出するための機器を差します。マシンに挽いた豆と熱湯を入れてスイッチを押すだけで、後は勝手にコーヒー飲料が入れ物に出てきます。利便性の高い機器です。
豆の品種によってコーヒーをチョイスする方法もいいですが、豆の挽き具合、いるタイミングでも味覚が変わってくるので、その辺の違いを満喫してもいいかもしれません。豆そのものの包装紙に、品種、焙煎時間、挽き具合の詳細が書いてあります。意識して買ってみると面白いです。

このごろでは素敵なデザインをあしらった包装がいろいろあるので、コーヒーの豆をそのままプレゼントとして手渡しても素敵です。しかしコーヒーは大好きな人も嫌いな人も居ます。宗教の理由でコーヒーを拒否する人も居ます。その辺に注意しながらコーヒー飲料をギフトに選んでみるといいです。
すごくコーヒーが好きな人は、豆を挽くところからやっています。そう言ったこだわっているファンに欠かせない機器がコーヒーミルになります。ミルとは英単語にするとmill、何かの物質を細かく粉砕すると言った意味になります。文字通りコーヒーの豆を細かく粉砕するツールをミルと呼びます。
コーヒーの歴史などの日本スペシャルティコーヒー協会が主催する所定の知識を学習し、認定試験に受かるとコーヒーマイスターとして認定されます。わが国ではコーヒーについての初の認定資格であり、現在までで日本中で2000人あまりの人が資格を持っています。合格者は大阪などの大都市に住んでいる人がほとんどです。

豆で購入しなくても、街中にはさまざまな喫茶店がやっています。そうした喫茶店なら運良ければ1杯100円で美味しいコーヒーが満喫できます。どんなに高いお店でも数百円なので、美味しいコーヒーを楽しみたいならちゃんとしたカフェに行ってみましょう。
ローストしたてのコーヒー豆を購入したいならば自前の焙煎釜設置してあり要望どおりにしてくれるコーヒー専門店などで購入するのがいいでしょう。待機している間においしいコーヒーをごちそうしてくれたりするところもあります。ところで、焙煎当日のコーヒー豆は味が安定していないため普通の温度でそのままにしておいた後に飲むようにすると風味も増します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*